相模原・町田での後見人・高齢者財産管理の相談特設サイトです。弁護士法人相模原法律事務所が運営しています。市内3カ所で弁護士5人が親身な相談実施中!

後見人申立の流れは?

  • HOME »
  • 後見人申立の流れは?

m1-k
成年後見人の選任は,家庭裁判所が行います。
その大まかな流れは以下のとおりです。

[1] 家庭裁判所へ申立
家庭裁判所に代理人として,申立を行います。
後見人候補者を記載しますが,必ずしも候補者になるとは限りません。
申立に必要な書類は以下のとおりです。

*申立書(定型の書式あり)
*本人の戸籍謄本、戸籍の附票、登記事項証明書、診断書各1通、成年後見人候補者の戸籍謄本、住民票、身分証明書、登記事項証明書
ya
[2] 調査官による調査
家庭裁判所の調査官が状況を調査します。
後見人の身体的な状況,後見人の保有する資産や,その収入状況,家族間の対立の有無,後見人候補者の状況等がポイントとなります。
ya
[3] 精神鑑定の実施
m1-y-h 本人の心身の状況について不明点がある場合には,鑑定が実施されます。
もっとも,鑑定が実施されるのは,①親族間に後見人の要否について争いがある場合,②診断書の記載のみでは,精神状況が不明な場合,等の限られた場合であり,鑑定を行わないケースの方が多くなっています。
ya
[4] 裁判所による審判
裁判所が審判によって,後見人を選任します。
被後見人の財産の状況や,親族間の対立などの状況によっては,申立書に記載した後見人候補者が後見人とならないこともあります。
ya
[5] 法定後見の開始
 法定後見が開始され,東京法務局にその旨が登記されます。

ご相談予約お待ちしてます! TEL 042-756-0971 受付時間 9:30 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]
12:00-13:00 は休憩中

PAGETOP
Copyright © 弁護士法人相模原法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.