任意後見契約は,本人と後見人就任候補者との間での私的な委任契約です。
 ですから,報酬を支払うかどうかについても契約によって,当事者が協議して定めることになります。
 その協議の中で,報酬を支払うことになった場合には,その金額や支払方法等を契約の中で決めることになります。
 もっとも,報酬があまりに高額な場合には,裁判所によって任意後見人ではなくて法定後見人が選任されることもあり得ますので,注意が必要です。

 そして,任意後見監督人には報酬が支給されるのですが,その報酬額は,家庭裁判所が定めることになっています。
 この報酬額は,任意後見人が管理する被後見人の財産から支払われます。具体的には,裁判所の報酬額決定書を受領して,任意後見人が監督人に支払うことになります。
 家庭裁判所は,被後見人の財産額や,後見監督事務の内容・難易等の諸事情を総合的に考慮して,一定の基準の中から無理のない額を決めることになります。