単に浪費をしているというだけでは、後見人制度は利用できません。
 成年後見制度は、認知症や知的障害等で精神障害があって、判断能力を欠いたり不十分になった人の社会生活を支援する仕組みです。
 そこで、単に浪費を繰り返すだけでは、成年後見制度を利用することはできませんが、浪費の原因が、精神障害にある場合には、後見人を選任出来る可能性はあります。
 なお、改正前の準禁治産者制度では、浪費者も対象となってましたが、現在では準禁治産者制度は廃止されてませす。