成年後見制度が施行される前の,いわゆる「禁治産制度」においては,その旨が戸籍に載ってしまっていました。
 しかし,成年後見制度では,後見人が選任されたことが戸籍に載ることはありません。
 戸籍にのるかわりに,法務局に登記されることになっています。
 本人や成年後見人などから請求があれば登記事項証明書が発行されます。
 そのため,むやみに周囲に知られることは無く,プライバシーは守られます。