そうではありません。
 成年後見制度は,財産の管理維持のみを目的とするものではありません。
 財産管理とともに身上監護も,成年後見制度の目的のひとつです。
 生活保護の受給者の方や年金の少ない方にとっても,成年後見制度を利用することには意義があります。
 また、近親者の方などがいる場合でも,専門職後見人と連携しながら,本人のために適切な財産管理,身上監護が可能となります。