後見開始等の審判がされて,確定したら,家庭裁判所の方で,後見登記をします。
 管轄するのは東京法務局となります。登記には,後見開始の審判の事件の表示,成年被後見人等の氏名・住所・本籍・生年月日,成年後見人等の氏名・住所などが記載されています。
 どのような後見登記がされたのかということは,法務局に「登記事項証明書」の交付申請をすれば確認できます。
 もっとも,プライバシーの問題があるので,この後見登記事項証明書の交付申請が出来る者は,限られています。
すなわち,本人・成年後見人・本人の四親等内の親族などに限られています。
 それゆえ,むやみに,後見人選任の事実が,周囲に知れ渡ってしまうようなことはありません。