相模原・町田での後見人・高齢者財産管理の相談特設サイトです。弁護士法人相模原法律事務所が運営しています。市内3カ所で弁護士5人が親身な相談実施中!

財産管理契約について

  • HOME »
  • 財産管理契約について
1.財産管理契約とは
m1-s 財産管理委任契約は,後見制度とは別の財産管理のやり方です。
 自分の財産管理や生活する上での事務について,代理権を与えるための委任をする契約です。
 法律的な制度というよりも,当事者の契約に基づく財産管理の方法です。
 任意代理契約とも呼ばれることもあります。
 法律に基づく制度ではないので,当事者間の合意のみで,自由に内容を定めることが出来ます。
2.後見制度との違いは
shu
 成年後見制度は,判断能力を欠くような状況になった場合のための制度です。
 しかし,財産管理委任契約は,能力については,特に制限はありません。
 さらに,裁判所を介するものではないために,当事者間で自由に内容を決めることができます。
 財産管理契約は,諸事情からすぐに管理を始めなければならない場合とか,判断能力が徐々に低下するので,将来に備えて現在のうちから,財産管理を行いたい場合などに利用されます。
 任意後見契約と一緒に締結されるのが一般的です。

 このように,財産管理契約は,判断能力が不十分とはいえない場合でも利用できる点や,いつから管理を始めるか,どのように管理内容を委託するか等のメリットがあります。
 しかしながら,任意後見契約とは違って,厳密に公正証書が作成されなくても良く,法的に後見登記もされないので,時として,悪用されかねないデメリットがあります。
 そのため,信頼できる財産管理人を選任するのがもっとも重要になります。

ご相談予約お待ちしてます! TEL 042-756-0971 受付時間 9:30 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]
12:00-13:00 は休憩中

PAGETOP
Copyright © 弁護士法人相模原法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.